【顔画像】市川猿之助の母親は喜熨斗延子!友禅図案家の娘で由緒正しき家柄だった!

スポンサーリンク

2023年5月18日、歌舞伎俳優の市川猿之助さんが、自宅で両親と3人で倒れているところが発見されました。

ご両親ともに亡くなったようで、このセンセーショナルな事件は世間に衝撃を与えています。

本当に一体何があったのでしょうか?

今回は市川猿之助さんの母親である「喜熨斗延子」さんについて調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
目次

【顔画像】市川猿之助の母親は喜熨斗延子(きのしのぶこ)

喜熨斗延子さんの画像はこちらです。

出典:ツイッター

市川猿之助さんが幼い頃の家族写真ですが、とても仲が良さそうですね。

そして猿之助さんのお父様もお母様も上品で素敵な方です。

調べたところ市川猿之助さんのお母様は「喜熨斗延子(きのし のぶこ)」さんという名前だということがわかりました。

しかし市川猿乃助さんの父親•市川段四郎さんとは違い、母親の喜熨斗延子さんはあまり表には出ていません。

スポンサーリンク

市川猿之助の母親:喜熨斗延子のWiki風プロフィール

出典:ツイッター

現時点でわかったことはこちらです。

名前:喜熨斗延子

読み方:きのし のぶこ

旧姓:加藤

生年月日:不明

年齢:不明

出身地:京都府京都市

父親は友禅図案家・加藤庸三で長女として生まれた

喜熨斗延子さんは日本舞踊を嗜んでいたという情報もありました。

父親は友禅図案家だったそうですし、きっと家柄も由緒正しい方だったのでしょう。

友禅図案家とは

出典:日本経済新聞

京友禅など着物の柄を手描きで表現するのが「図案家」と呼ばれる職人だ。京友禅の老舗、千總(ちそう、京都市)は図案家を自社で抱える数少ない企業。図案家は創業から460年以上になるものづくりを支える。

日本経済新聞

簡単に言えば、着物の柄を手描きで表現する職人さんということになるでしょう。

出典:京友禅協同組合HP

美しく華やかな中に繊細さもある京友禅の柄、素敵ですね。

日本の古来からの文化を後世に伝え、支えている伝統ある職業です。

図案家の大きな役割の一つが、着物など商品に描かれる絵柄を考えること。日本において、慶事には鶴や熨斗(のし)などがふさわしいとされる。長寿や豊穣(ほうじょう)など着物が持つ「意味」をいかに込めるか。最も試行錯誤する段階だ。

日本経済新聞
スポンサーリンク

喜熨斗延子はどんな人だったのか

市川猿之助さんのお母様である喜熨斗延子さんは、とても落ち着いた上品な方だったようです。

お母さんもお見掛けしたことがありますが、芸能人の母といっても服装も派手な印象はなく控えめな方なのだなと思いました。

中略

数年前に町内会の会費をもらいに自宅を訪れたことがあり、お母さんとお会いしました。

落ち着いた品のある女性でしたので、私の方がすごい緊張しちゃいました。

文春オンライン

伝統ある友禅図案家を父親に持つ喜熨斗延子さん、ご近所で出会った方からもとても印象が良かったのですね。

市川段四郎さんと奥様の延子さん

猿之助さんのお母様喜熨斗延子さんはご近所の方のお話からもわかるように非常に控えめな方だったようですから情報はほとんどありません。

しかし梨園の妻は、歌舞伎界の知識はもちろん、茶道や華道・習字・マナー・料理などさまざまな作法の習得や、ごひいき筋のお客様へのあいさつをすることも仕事の一つと、想像を絶する大変さだと言われます。

また歌舞伎役者が演技に集中できるように、細やかなスケジュール管理を行うなど、秘書のような役割を担うこともあるようです。

そして夫を支えつつ息子さんを立派な跡継ぎとして育てる役割も担ってきたことでしょう。

更に息子さんのである四代目猿之助さんは結婚していなかったので、きっとそのサポートもされていたはずです。

市川段四郎さんが結婚する際に延子さんは、兄である三代目猿之助さんからこんな激励の言葉をもらったそうです。

「歌舞伎役者の女房は大変だ」
「段四郎を良い役者にして欲しい」

その言葉通り、歌舞伎役者という特殊な世界で生きる市川段四郎さんを、更に息子さんである市川猿之助さんを生涯かけて献身的に支えてきたのでしょう。

控えめな方だったのでメディアに出ることはなく近年の姿は拝見できませんが、家族写真からも品の良さと穏やかさが溢れ出るようでしたから、お年を召してもきっとお綺麗な方だったことと思います。

スポンサーリンク

まとめ

市川猿之助さんのお母様、喜熨斗延子さんについて調べてみました。

昔ながらのお嬢様でとても控えめな方だったようですね。

きっと優しいお母様だったと思うので、息子さんのことを最後まで心配していたのではないでしょうか?

どうしてこんなことになったのか、本当に残念でなりません。

それでは今回はこの辺で失礼します。

最後まで記事を読んでくださいましてありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる